RFTは京都府八幡市を中心に活躍する、屋根修理・雨漏り修理の職人集団です。
屋根修理において何よりも重点を置いているのが、「丁寧な施工・完璧な仕上がり」、スピードより丁寧さを大切にし、完璧な仕上がりを目指します。
皆様の屋根に関するお悩みを解決し、屋根修理・雨漏り修理をして良かったと実感していただけるように努めます。

  1. ホーム
  2.  ≫ 屋根の基礎知識
  3.  ≫ 屋根修理に火災保険は適用される?

八幡市での屋根修理・雨漏り修理業者が教える屋根の基礎知識

屋根修理に火災保険は適用される?

屋根修理・雨漏り修理に火災保険は適用される?

皆様からよく「屋根修理に保険は使えるのか?」というご質問をいただきます。
回答としては、屋根修理や雨漏り修理には火災保険が適用されます。
もう少し正確に言えば、「火災保険が適用される場合がある」と言った方が良いですね。

ここで注意していただきたいのが、ネットやチラシで「火災保険を使い、屋根修理を無料で」と謳っている業者は悪徳業者と疑った方が良いです。

というのも、確かに屋根修理・雨漏り修理に火災保険を利用する事はできるのですが、適用されるためにはいくつか条件があります。
そのため、どんな屋根工事にも無条件で保険が適用される訳では決してないのです。
にも関わらず、悪徳業者は「絶対に保険が使えます」「必ず無料になります」と根拠の無い「絶対」「必ず」と言った言葉を使い契約を迫ってきます。
最初から価格を売りにしているような業者は、施工内容も信用できないですね。

火災保険に対して正しい知識を身につけていただき、悪徳業者に騙されないようにしてください。

火災保険が屋根修理に適用される条件

上述の通り、屋根修理・雨漏り修理に火災保険が適用されるためには、いくつか条件があります。
以下で解説していきます。

・被害の原因が風災・雪災・雹(ひょう)災のいずれか

条件に関して一番注意すべき点は、屋根の破損や劣化が、経年劣化や人為的な破損の場合には適用されないという点です。
被害の原因が風災・雪災・雹(ひょう)災のいずれかの場合に保険が適用されます。

ちなみに、風災は台風や強風などによる被害、雪災は大雪・雪崩などによる被害、雹(ひょう)災は雹による被害を指します。
つまり、被害の原因が「自然災害によるもの」の場合に適用されるという事ですね。

被害が自然災害による場合は、火災保険が適用される可能性が高いと言えます。
しかし、屋根が元々経年劣化が進んでしまっている状態だと、自然災害後に雨漏りなどが発生しても、自然災害が原因ではなく「経年劣化が原因」と判断されてしまう場合もあります。
最終的に判断するのは保険会社ですが、その調査結果・最終判断が出るまでは、「保険を使って屋根修理ができる」とは安心できないので注意してください。

・被害が発生してから3年以内に申請する

火災保険に関する法律で「保険法」というものがあり、雨漏りや屋根の破損といった被害が発生してから、3年以内に保険会社に申請するように決められています。
ただし、3年間の期間ギリギリに申請してしまうと、被害が発生してから申請までの間にも経年劣化が進んでしまいます。
そうなると、保険会社から「自然災害ではなく経年劣化による被害なので保険が適用できません」という判断をされてしまう恐れがあります。
期間内だからといって先延ばしにするのではなく、できる限り早めに申請するようにしてください。

・加入している保険のタイプが条件を満たす場合

一言で保険と言っても、保険会社によって保険のタイプは様々です。
その中に、「免責方式」というタイプがありますが、「免責方式」とはあらかじめ自分で自己負担額を決めておくというタイプの保険です。

仮に自己負担額を5万円に設定していた場合、損害額が30万円の場合は30万円から自己負担額5万円が差し引かれ、25万円受け取る事ができます。
しかし、損害額が3万円のように自己負担額を下回る場合は、保険料が発生せず全て自己負担となるのです。

保険のタイプは様々ですので、保険の申請をする前に、ご自身が加入している保険のタイプ・内容を確認するようにしましょう。

火災保険を悪用する悪徳業者にご注意を

上述のように、火災保険が適用されるには様々な条件があります。
繰り返しになりますが、保険が適用されるかどうかを最終的に決めるのは、加入している保険会社です。
ですので、屋根修理業者が最初から「確実に保険が使えます」「必ず保険がおります」と言える根拠などどこにも無いのです。
RFTでも、保険の申請を検討されている方に、申請におけるアドバイスや見積書の作成を行ったりはしますが、最初から「保険を使って屋根修理しましょう」とは絶対に言いません。

もし、悪徳業者の言葉を信じて契約を結んでしまい、その後万が一保険がおりなければ、高額な支払い義務が施主側に発生してしまいます。
しかし、そのような悪徳業者は保険がおりてもおりなくても関係が無く、支払いを迫ってきます。

ネットや広告で「屋根修理を無料で」と謳っている屋根修理業者を信用しないでください。
そしてどんな場合でも、確実に保険がおりるのを確認してから着工するようにしてください。