RFTは京都府八幡市を中心に活躍する、屋根修理・雨漏り修理の職人集団です。
屋根修理において何よりも重点を置いているのが、「丁寧な施工・完璧な仕上がり」、スピードより丁寧さを大切にし、完璧な仕上がりを目指します。
皆様の屋根に関するお悩みを解決し、屋根修理・雨漏り修理をして良かったと実感していただけるように努めます。

  1. ホーム
  2.  ≫ 屋根の基礎知識
  3.  ≫ 雨漏りの原因とは?

八幡市での屋根修理・雨漏り修理業者が教える屋根の基礎知識

雨漏りの原因とは?

雨漏りの原因とは?

RFTにも、「急に天井から水滴が落ちてきたんです」といった内容のお問い合わせを多く頂戴します。
皆様が雨漏りが発生している事に気づく事例として、このように突然水滴が落ちてきたという事例が多いです。
屋根はもちろんですが天井や天井裏は、日頃じっくり見る機会が少ない場所なので、雨漏りが発生するまで不具合が起こっている事に気づかなかったという方がほとんとです。

よく耳にする天井から水滴が落ちてきたという症状ですが、ここまで症状が進んでいる場合、建物の内部に大量の雨水が侵入してしまっている恐れがあります。
天井から雨漏りが発生すると天井に問題がありそうに思いがちですが、屋根か外壁に何かしらの不具合が起こっている場合がほとんどです。

まず、屋根に不具合が起こっている場合、次のような症状が考えられます。

・屋根表面を守る屋根材の破損や劣化
・屋根下地の上に敷いてある防水シートの破損・劣化
・屋根材の隙間を埋めるシーリングの劣化・風化
・瓦屋根の場合、瓦の隙間を埋める漆喰の劣化・風化
・雨樋の破損・劣化

上記以外にも、屋根材が地震や台風などの強風でズレてしまい、そこから雨水が侵入してくる場合もあります。
原因がズレだけの場合は、ズレている箇所のみ補修すれば雨漏りの心配はありません。
地震や台風といった自然災害の後は、屋根材がズレていないかご自身でもチェックしてみましょう。

次に、外壁に不具合が起こっている場合ですが、ほとんどの場合で外壁塗装の経年劣化が原因です。
外壁塗装が劣化すると防水性や耐久性といった機能が失われ、雨風や紫外線といった自然環境に対して脆くなってしまいます。
その状態で放置してしまうと、外壁にヒビ割れ(クラック)ができてしまい、そこから建物の内部に雨水が侵入するリスクが高くなってしまうのです。

いずれの場合でも、雨漏りの原因箇所を見つけるのは一般の方には難しい作業となります。
雨漏りは一箇所だけでなく、上記のような原因が複数重なって起こっている場合も多く、それら全てを探し出すのは知識と経験が必要です。

RFTは屋根修理・雨漏り修理のお見積もり・現地調査は無料となっております。
現地調査の際に立ち会っていただける場合は、原因箇所の特定だけでなく何故雨漏りが発生したのか、その理由や行うべき補修作業の内容などをできる限り丁寧にご説明させていただきます。
ご依頼いただいた施工に関して、ご納得・ご満足いただける形で作業に入らせていただけるよう努めます。