RFTは京都府八幡市を中心に活躍する、屋根修理・雨漏り修理の職人集団です。
屋根修理において何よりも重点を置いているのが、「丁寧な施工・完璧な仕上がり」、スピードより丁寧さを大切にし、完璧な仕上がりを目指します。
皆様の屋根に関するお悩みを解決し、屋根修理・雨漏り修理をして良かったと実感していただけるように努めます。

  1. ホーム
  2.  ≫ 屋根の基礎知識
  3.  ≫ 屋根の寿命は防水シートで決まる

八幡市での屋根修理・雨漏り修理業者が教える屋根の基礎知識

屋根の寿命は防水シートで決まる

屋根の寿命は防水シートで決まる

RFTでも、次のようなご質問を皆さまから多くいただきます。

「瓦はヒビ割れが起これば、すぐに雨漏りしてしまうんですか?」
「金属屋根って、サビが発生すればすぐ雨漏りに繋がるの?」
このように、「割れやサビといった不具合の発生=即雨漏りなのか?」といったご質問です。

結論から先にお伝えすると、屋根材の下に敷いてある防水シート(ルーフィング)が破損していたり、劣化していなければそう簡単に雨漏りは起こりません。

実際にご依頼いただいた中で、台風で瓦が数枚飛んでしまっていたり、瓦にヒビ割れが入ってしまっている屋根でも、雨漏りは発生していませんでした。
つまり、表面の屋根材に多少の不具合があったとしても、防水シートさえ機能していれば、屋根下地より下には水は侵入しないのです。

屋根は建物を守る上で大切な箇所です。
中でも、瓦などの屋根材で雨水などから直接建物を守る事を一次防水、屋根材の隙間から入り込んだ雨水を防水シートで防ぐ事を二次防水と呼びます。
一般的に、屋根は表面の屋根材でのみ守られていると考えられがちですが、屋根材だけでは横殴りの雨や台風のような豪雨の際に、雨水は簡単に屋根材の隙間へ流れ込みます。
屋根材で防げなかった雨水を受け止めているのが防水シートで、もし防水シートが無ければ流れ込んだ雨水は簡単に下地である野地板まで入り込んでしまいます。

瓦やカラーベストといった住宅用の屋根材は種類が豊富ですが、防水シートを敷かなくても良い屋根材というものは存在しません。
つまり、屋根材と防水シートはセットで雨から建物を守っている訳なのです。

防水シート(ルーフィング)の種類と注意点

ここまでお読みになって、ふとこんな疑問をお持ちになりませんでしたか?
「新築の際、屋根材は選んだけど、防水シートを選んだ覚えが無い…」

実は防水シートには、大きく分けて二種類あります。
一つは「透湿系」、もう一つは「非透湿系」です。

「透湿系」とはその名前の通り、湿気を通すという性質があります。
水は通さず湿気のみを逃すので、建物内部に湿気が溜まりにくくなりますが、性能が優れている分高価です。

一方「非透湿系」は、水も湿気もどちらも通さないという性質を持ちます。
日本の住宅で多く使われているのはこちらの「非透湿系」で、非常に多くの種類が販売されています。
「透湿系」と比べても安価なので、防水シート使用率全体の95%が「非透湿系」です。

本来であれば、どの防水シートを使用するかは施主が選ぶべきはずです。
しかし近年の建築事情では、施主がどの防水シートを選ぶかという選択肢を預けられる事はほとんどありません。

その理由として、防水シートには新築から10年間は雨漏りした際の保証が付いているのです。
なので、防水シートの選択は施主ではなく業者に任せてくださいという、建築業界の暗黙のルールがあるのです。
そして、業者は性能よりもコストパフォーマンスを重視する傾向があるので、そこそこ性能が良ければコストが安い防水シートを選びがちです。

「保証が10年もついてるなら、どれを選んでも良いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、実はそうではないのです。
保証はあくまで10年間なので、10年経過以降の雨漏りは当然施主側に工事費費用の支払い義務が生じます。
防水シートは上述のように、お住まいを雨漏りから守る上で非常に重要な素材で、防水性や耐久性は種類によって異なります。
お住まいに関するメンテナンス費用を長い目で見た際、防水シートの選択も施主側で行い、機能面でも費用面でも納得できるものを選ぶようにした方が得策です。